OPEN CAMPUS ENTRY

JOB就職・資格

OB/OG VOICE 先輩たちの声

福田美於さん 航空整備士
株式会社JALエンジニアリング

篠崎 栞さん

  • 航空整備科 一等航空運航整備士コース(2015年当時)
  • 2015年卒業
  • 神奈川県/海老名高校出身
  • 保有資格/一等航空運航整備士(ボーイング767型機)、一等航空整備士(ボーイング737型機、ERJ)、実用英語技能検定準2級、高所作業車運転技能講習修了証、航空無線通信士、航空特殊無線技士、危険物取扱者(乙種第四類)

恩師のおかげで目標に向かって
コツコツと努力できるようになった

バイクが趣味だったお母さんの影響を受け、バイクや車など「メカ」に興味を持っていた篠崎さん。航空整備士を志望するようになったのは、高校時代だった。

「周りの友人は有名大学を目指して勉強していましたが、私は大学で何をしたいのか、具体的にイメージできませんでした。あやふやな気持ちで大学受験するよりは、就職に直 結する専門学校に進みたい。その頃にTVドラマの再放送を見たこともあり、空を飛ぶというスケールの大きさに魅かれて航空整備士を目指すようになりました」

航空系の専門学校を数校見学した中で、広い敷地と充実した設備、そして寮を備えていることが決め手 となりJAAに入学。

「寮では仲の良い友人と一緒に娯楽室でたこ焼きパーティをしたり、将来について語り合ったり。またJAAでは先生方から励まされ、目標に向かってコツコツと勉強できるようになりました。JALエンジニアリングを志望したのも、恩師の影響です」

現在は電装客室担当として、機内エンターテインメントシステムの整備をすることが多い。

「たとえば座席モニターが映らないことが、 運航に重大な影響を与えることはありませ ん 。けれどもその座席をご利用になるお客さまは不快でしょう。私たちの仕事がお客さまへのサービスに直結すると考えて、モニターがきちんと作動する ことはもちろん、作業の後はウエスできれいに清掃もしています」

篠崎栞さん

JAA在学中に取得した一等航空運航整備士(767)に加え、入社4年目と5年目には一等航空整備士(737、ERJ)の資格も取得。

「今の目標は『確認主任者』の社内資格を取ること。より責任ある立場で仕事ができるようになりたいと思います」

一覧へ戻る