Instagram Twitter Facebook

航空整備科一等航空整備士養成コース3年制

コース概要

コースの特長

就職後、最短2年で
一等航空整備士資格を取得可能

※通常は就職後5~6年必要です

大手エアラインであるJAL・ANA両社出向教員の指導のもと、実際の現場である羽田空港での大型機研修を通じ、大型機のシステムについて深く学んでいきます。

卒業後の進路

JAL・ANAの航空機整備会社就職を目指す

JALグループ及びANAグループとの提携により、ストレートに両社の整備会社ライン整備部門へ就職を目指すことができます。ライン整備士への一番の近道です。

目指す職業
航空整備士

授業紹介

大型機概要(メンテナンストレーニングシミュレーター)
大型機概要(メンテナンストレーニングシミュレーター)
大型機概要(座学)
基本技術Ⅱ(板金作業)
空港実機研修

インターンシップ

羽田空港にてインターンシップ

3年次に行われるインターンシップ(大型機実機訓練)では、羽田空港にあるJALもしくはANAの整備関連会社にて実際の機体を使用して整備実習を行います。両社の整備関連施設にて本物の機体を前に、教官の指導のもと整備の実習を行います。

主な就職先

(株)JALエンジニアリング/ANAラインメンテナンステクニクス(株)

取得可能な国家資格

  • 二等航空運航整備士
  • 一等航空整備士(学科のみ)
  • 航空無線通信士
  • 航空特殊無線技士
在学中に一等航空整備士資格取得に必要な「基本技術Ⅱ」と「整備経験」を取得可能

本コースは国土交通大臣指定航空従事者養成施設のため、授業が整備経験として認められるので、在学中に一等航空整備士資格に必要な、「整備経験」と「基本技術Ⅱ」を取得可能。エアラインに入ってから最短2年で一等航空整備士が受験できます。JAL・ANAで即戦力として活躍することを目指します。

カリキュラムと学びの流れ

1年次
一般教科 道徳訓育・ホームルーム 一般教養
一般英語 航空英語
専門科目(学科) 航空法規 航空力学
航空機構造学 航空機材料学
発動機学 航空電気学
航空計器学 基本技術
2年次
  • 3月 二等航空運航整備士資格 技能審査受験(1月:基本技術Ⅱ / 3月:機体)
一般教科 道徳訓育・ホームルーム  
実習 基本技術Ⅱ システム実習
装備品実習 発動機実習
航空機取扱 飛行機実習

2年次には、小型機を使用し、航空機の基礎知識と基本技術Ⅱ、及び整備経験取得の為、
「二等航空運航整備士」の資格取得をします。

3年次
JALコース
  • 4月 就職試験受験
  • 4〜7月 大型機概要
  • 8〜12月 一等航空整備士 基礎強化
  • 1〜3月 インターンシップ
ANAコース
  • 4月 就職試験受験
  • 4〜7月 大型機概要
  • 8〜3月 インターンシップ
  • 3月 一等航空整備士 学科試験受験

3年次には、大型機の基礎を勉強します。その後、各エアラインにてインターンシップを行います。