OPEN CAMPUS ENTRY

JOB就職・資格

職業紹介 - 航空工学科からの未来

航空機・宇宙関連機器の設計・製造

世界最先端の「ものづくり」に
携わる「エンジニア

最新鋭の航空機「ボーイング787」などの製造で、世界の注目を集める日本の航空機製造業界。「航空機・宇宙関連機器エンジニア」は、自分が作った航空機が世界の空を飛び、ロケットが宇宙へと飛ぶ、夢とやりがいのある仕事です。

製造エンジニア

航空機やロケット、エンジンなどの製造に直接携わります。航空機の製造はほとんどが手作業で行われます。機械での自動化は難しく、人間の繊細さが要求される仕事です。

航空機設計エンジニア

新型機の「開発設計」と、すでに就航している航空機のメンテナンスや改良のための「維持設計」の2種類があります。航空機設計エンジニアは、主翼や胴体などの大きなパーツから、エンジンやシステム、小さな部品、パーツの製造・組み立てに必要な治工具(ツール)設計に至るまで、ゼロから造り出します。

航空機生産技術エンジニア

基本設計が終了した航空機の生産準備、構造組立、飛行試験までの生産工程を管理するのが航空機生産技術エンジニアです。安全性と納期を守りながら、より低コストの生産工程を確立するための効率的なプロセスを考え、メーカーのコントロールタワーとなります。