Instagram Twitter Facebook

ADMISSION入学案内

アドミッション・ポリシー

教育目標

日本航空専門学校は、工業分野(航空整備科・空港技術科)また商業分野(国際航空ビジネス科)においてエアラインをはじめとする航空業界、また航空機メーカーをはじめとする重工業界で活躍する人材を育成する専門学校です。
本学は1932年(昭和7年)に建学された日本で最も歴史ある航空従事者養成の総合学園である日本航空学園を母体としています。

日本航空専門学校は、『「自由と規律」の人間教育と航空教育を通して感性と知性を磨き社会に役立つ人材を育成する』という教育ブランドの下、授業や課外活動を行っています。授業においては基礎教育から高度な専門教育までを学び、高度な知識に裏打ちされた広い視野と判断力を身に付けます。また課外活動においては、ボランティア活動や規律教育・安全教育などの人間教育を通して人間性・社会性を磨き、社会においてリーダーシップを発揮できる人材の育成を目指しています。

求める学生像

  • 【航空整備科】

    航空整備科は航空整備士及び航空機、航空宇宙機器製造技術者を養成する学科です。在学中に航空整備士の資格を取得できる学科となっており、学生の希望に応じた4つのコースで教育を行います。航空機は最先端技術を取り入れたもので、その航空機に携わるための基礎的知識及び技術を習得する学科です。技術教育を通して優れた社会性を持った人材を養成しております。

    1.航空機やものづくりに興味のある方
    整備士や製造技術者は機械を扱う職種です。好きであればこそ探求心や興味が深まり知識と技術を習得することができます。そんな知的好奇心をもった方を期待します。

    2.休まず地道に努力できる方
    在学中に航空整備士の資格が取得できる国土交通大臣指定の航空従事者養成施設に指定されております。よって定められた教育時間を完全に履修しなければなりません。授業を休まず、日々の勉強が重要となります。

    3.チームで行動ができる方
    航空機整備は一人でするものではありません。最新の航空機はシステムも複雑で作業も細分化されています。よって整備士同士の連携が安全性、定時性に大きく影響します。チームとしての協調性、コミュニケーション能力が重要となります。

    4.ルールを守れる方
    航空機の安全性を維持するのはもちろん、定時性を守る社会的な役割もあります。そのために航空機整備にはさまざまなルールが定められており、それらを積極的に遵守する規範意識の高い人が求められます。

  • 【空港技術科】

    空港技術科は、増え続ける旅客と貨物への対応、航空機の安全運航と定時性、そして運送品質の向上など航空業界のニーズに応えるため、専門的知識と実践的技能を通して総合的な技術を修得した地上支援業務(グランドハンドリング)のプロフェッショナルを育成する学科です。

    1.空港で働きたい方
    様々な航空機がスポットに駐機されているロケーションの中、航空機周りで状況判断を的確に行い、安全運航に従事したいという精神があること。

    2.特殊車両などを操作・運転したい方
    空港に駐機した航空機の周りには、たくさんの特殊車両が縦横無尽に動いており、その操作・運転に興味があり、運転スキルを磨く意欲を持って安全運航に尽力したいという意欲があること。

    3.健康で明朗活発的な方
    運動系クラブなどに所属し、率先して先頭に立ち、物事に対して積極的に取り組み、安全のために大きな声で皆に声掛けができるなどの行動力があり、リーダーシップをとっていけること。

    4.コミュニケーション力がある方
    限られた時間内に仲間と連携をしながら行うグランドハンドリングは、チームワークが大切になり、運航に携わっている人達との対応が大切になってきますので、協調性と責任感を合わせたバランス感覚があること。

  • 【国際航空ビジネス科】

    国際航空ビジネス科では、高度な航空業界の専門知識を習得し、語学のスキルアップと異文化体験をし、見解を深めるのに充分なカリキュラム構成で学生の満足度を誇っています。客室乗務員やグランドスタッフに求められる資質や人間力を養う学科です。社会人にとって不可欠な言葉遣いやしぐさ、立ち居振る舞い方、おもてなしの心を育成しています。

    1.チャレンジ精神をもっている方
    専門知識を学んで身に付けていき、企業の即戦力となる人材を育てる学科です。知らないことを恐れず、知る喜びに変えていく精神が成功への近道になるからです。

    2.チームワーク力を活かせる方
    航空機を一機飛ばすためには多くの業種が力を合わせる事が必須の職業です。 学校生活ではその予行練習ですので多くの学生との触れ合いを楽しんでください。

    3.コミュニケーション能力の高い方
    企業の顔として、社内、社外に関わらず、物事を自分の言葉で責任をもって相手に 伝えることが大切です。明るい笑顔で大きな声で回りを巻き込んでください。

    4.相手の立場に立って、主体的行動ができる方
    お客様視点に立って、自らが自主的に行動に移すことで、物事の優先順位や時間管理が身に付きます。体力勝負のシフト制の業界ですから、自己健康管理も大事な仕事です。

    5.グローバル要素をもっている方
    航空業界は世界中の方と接します。今後ますます多様な生き方、価値観が存在していく中、異文化を深く理解し、各外国語を話すことできる人材が求められています。

選抜方法

複数の受験機会を提供し、学力検査、調査書、面接などを組み合わせて
志願者の能力や資質を総合的に評価します。
1. AO入試:書類選考、面談

・ 高等学校を卒業見込みの方、および高等学校を卒業した方
・ 高等学校卒業程度認定試験に合格された方
・ 本学の教育方針を理解し、進路において明確な目的を持っている方
・ 本校を専願する方
・ 実用英語技能検定3級以上を保持している方(国際航空ビジネス科のみ)

2. 指定校推薦入試:書類選考、面接

・ 高等学校を卒業見込みの方
・ 本校を専願する方
・ 在籍高校の推薦基準を満たす方
・ 本校が指定した高等学校に在籍し、5段階評定平均値が下記以上の方
(航空整備科:3.5/空港技術科:3.0/国際航空ビジネス科:3.5)

3. 学校推薦入試:書類選考、面接

・ 高等学校を卒業見込みの方
・ 本校を専願する方
・ 在籍高校の推薦基準を満たす方
・ 5段階評定平均値が2.7以上の方

4. 自己推薦入試/社会人・大学生枠入試:書類選考、面接

・ 高等学校を卒業見込みの方、および高等学校を卒業した方
・ 高等学校卒業程度認定試験に合格された方
・ 本学の教育方針を理解し、進路において明確な目的を持っている方
・ 本校を専願する方

5. 一般入試:書類選考、面接、学科試験 [英語・数学・日本語能力試験(留学生のみ)]

・ 高等学校を卒業見込みの方、および高等学校を卒業した方
・ 高等学校卒業程度認定試験に合格された方
・ 外国人留学生
外国において学校教育12年の課程を修了された方 日本語能力検定(N1またはN2)に合格されている方
・ 本学の教育方針を理解し、進路において明確な目的を持っている方